HOME > ブログ こんにちは田中です!

ブログ こんにちは田中です!

渋野選手 全英女子オープンゴルフ 優勝! 笑顔の力!

昨夜の23:10から始まったTVでのLIVE中継

第3ラウンドを終え、「渋野日向子(しぶのひなこ)」が単独首位でしたからゴルフファンは期待しました!
NHKの夜のニュースでもラウンド前から取り上げていました。
何せ、ゴルフのメジャー大会で42年ぶり日本人2人めの快挙!偉業なるか?でしたから

ところが出だし3ホール目で、2オンしたバーディパットがはずれ返しが入らず、そしてその返しのパットもはずれ
4パット!の痛恨のダブルボギー
。ここで首位を明け渡し後退。

このままずるずるいってしまうのか?と思いましたが、信じて応援!
何せ、「スマイルシンデレラ」と現地イギリスでは話題沸騰!見ていて応援したくなる!
普通ホールとホールの間で、ギャラリーとはハイタッチなどしないし、むしろ係員が制御するもの。
しかし、彼女は積極的にサービス対応し、笑顔でプレーし続けた!
そしてギャラリーを味方につけたのだ(TVの前の見てる人をも!)
本人にとってその笑顔は緊張する場面でもリラックスでき、なおかつ周りも楽しましせてくれました!

一時5人が1打差の中でハイレベルなプレーを続けており、もの凄い試合になっていました。

攻める気持ちが表れたのが、12番のミドルホール 300Y少々の1オンを狙えるホール
トップと2打差!リスク承知でのドライバーショット!

右に池がありましたが、なんとか池の脇に着弾ぎりぎりグリーン右へ
鳥肌が立ちました!紙一重のプレー、バーディーを手繰り寄せました!
しびれました!
その後も耐えながらも、サラス選手が絶好調でゾーンに入っている感じで全くスキがありませんでした。非常に厳しい状況が続きました。

しかし、耐えながらもトップに食らいつき16番で追いつき最終18番で、サラス選手に-17で並んだ状態で1564990270417.jpgまずはドライバーショットがど真ん中!完璧でした。スゴイ!
そして2打目!グリーンを捉えるも、長い距離のウイニングバーディーパット!

サラス選手は2組前で回っていて、この18番で短いバーディーパットを外したのだけれど、これが入っていたらどうなっていたかわかりませんが、予感がしました。逆に長いパットの渋野選手は入れるのではと!見事にややスライスラインを読み切っての強めのパット壁ドンで、バーディ!優勝!
思わず手をたたきました「やった~!」


優勝が決まったのは夜中?早朝?ときに時刻は 3時前 2:50頃でした!
感動しました、ゴルフは本当にドラマティックです。
そうさせたのは、渋野選手の笑顔だったのでしょう!

深夜LIVE中継で感動したのは、2014年の2月、浅田真央ちゃんのソチ五輪のフィギアスケート、伝説となった渾身のフリー演技以来でした!




中京敗れるも中京が岐阜代表に!

夏の高校野球愛知県予選
往年ユニフォームに戻した中京大付属中京高校は惜しくも準決勝で、
今大会初優勝した甲子園初出場の誉高校に4-5で残念ながら敗れました。
あのユニフォームを甲子園で見たかった!
先日のブログ

しかし、岐阜大会の優勝は、中京学院大付属中京高校!
ユニフォームが、ストッキングが違うがほぼ同じ!
帽子(Cマークまで!)から全体のスタイルはウリ二つ!


この愛知中京とは兄弟校ではなく、経営は愛知が梅村学園
岐阜が安達学園(ただし、創始者の父が愛知中京の創始者)
なぜユニフォームが酷似しているのか。

愛知は中京商業から中京高校へ名称変更した際に
岐阜が1962年創立時には中京高校だったが、1967年中京商業に。
その際、愛知中京が岐阜中京に「中京商業」という名称とユニフォーム「CHUSHO」を譲ったとか
「当時の肩口の中商マークは印象的!でした」

いずれにしても、そこからほぼ同じユニフォームで高校野球を続けてます。
実は軟式野球では岐阜の中京が実績があります。
硬式野球では、甲子園最多優勝と最多勝を誇る愛知中京が圧倒しています。

しかし、一般の方がこのたび甲子園に出場する岐阜中京を見たら、そのユニフォームからしても
甲子園最多優勝校の中京と勘違いしてしまうこともあるでしょう。間違えて欲しくないためにも
本当は、愛知中京と岐阜中京の対戦が見たかった!

それでも隣県の岐阜代表ですのでもちろん応援しますし、3年ぶりに出場する
「岐阜の中京」のユニフォームも自分としては楽しめるのです。
がんばれ!中京学院大付属中京高校!




2019年度最低賃金引上げ方針、平均時給901円

厚生労働省の中央最低賃金審議会が本日 7/31、
2019年度の全国の最低賃金の目安を27円引き上げて時給901円とする方針を決めました。

東京都(1013円)と神奈川県(1011円)は初めて1000円を超えました。
政府は19年度の経済財政運営の基本方針(骨太の方針)で、より早期に全国平均で1000円を目指す方針。
4年連続の大幅引き上げ幅となっています。

愛知県898円⇒926円
岐阜県825円⇒851円、三重県846円⇒873円 10月から改定見込み。

その他地域日経新聞記事

TAMAZAWA とCHUKYO

昨日、クマゼミがこの夏初めて鳴きました!
※菅田地区は普通のアブラゼミはほとんどいなくてクマゼミが夏は大合唱します。
梅雨明けでしょうか?

いや、今週も雨予報は続きます。
先週から梅雨本来の湿った蒸し暑い日が続きました。
今日の夜は涼しく感じられ良いのですが、一気に猛暑がくるのかどうなのか・・・

今年も夏の高校野球がやってきました。
第101回!令和最初の夏の甲子園!

41年前使っていたグローブの画像が保管してありました。

「TAMAZAWA!」玉澤のグローブ
このマイナーな?メーカー(玉澤は野球用具専門メーカー)のグローブを使うのチームでは自分だけでした。
3年間で2つ使いました。この内野硬式用グローブ(モデル型番号が、G-7000とG-7001と手のひら側に)、非常に革が柔らかく手に馴染みやすく使いやすかった!
CIMG1039.JPGのサムネイル画像


このグローブでゴロを処理して手のひらが痛かった事が1回だけありました。

それは、2年生の秋の県大会2次予選の中京戦、初回先頭のセカンド山中選手(夏の甲子園でも2本ホームラン打った選手)の強烈なサードゴロ!とてつもなく強烈で手がしびれるぐらいでした!
この試合のスタートはここから始まり、1回は3者凡退、投手戦となり 結果0-1での惜敗でした。
この中京は秋・春の東海大会も優勝し夏は、甲子園準決勝でPL学園に9回に4点差逆転され惜しくもベスト4!

あれから41年後、この夏は今春の甲子園優勝の東邦にも春夏連覇を期待しますが、

なんといっても、中京がユニホームを平成時代に胸のマークを筆記体にしてしまい残念だったのですが
今年の夏から往年の「CHUKYO」の独特のロゴで襟つきのユニホームに戻すということで、楽しみで、是非ともその雄姿を甲子園で魅せて欲しいと願うのです。

小さいころから強い中京を見てきて、このユニホームこそ強くてカッコイイと思っていました。実際に中京と公式と練習試合で2度対戦しましたが、試合開始と終了時にホーム前に整列したときには、なんとも言えない気持ちでした(心の中でオーと叫んだような・・・)。目の前にこのユニホ-ムが!何かそれだけで圧倒するようなオーラがありました。

この夏「CHUKYO」も頑張れ!まずは予選突破!


梅雨の合間の「びわ湖バレイでジップライン!」

梅雨の合間で、天気が不順の中

滋賀県の北西、琵琶湖の西に位置する
DSC_1705.JPG

びわ湖バレイにある
ワイヤーに滑車をかけて滑り降りるアクティビティ、
「ジップライン」へ行ってきました!

GWに行った北海道での「エアトリップ」で味をしめた
あの「爽快感」を再びと思い挑戦!

まず天気は運が良く午前中10:30スタートのツアー
これがくもりから晴れで、天気もジップラインも最高に気持ち良かった!
DSC_1682.JPG









DSC_1692.JPG

7本あるジップラインの最終ライン↑は、琵琶湖を眺めながらのダブルライン!
通常「ターザン型」で滑りおりますが、この最終ラインは体を寝かせて手を前にした「スーパーマン飛び」もOKで
滑車への掛け方が変わりスリルも満点!また、インストラクターの若い人が実に面白く、
関西のノリで芸人みたいな人で、笑いも満載でした!2時間の非日常での面白い時間を過ごせました!
DSC_1709.JPG
DSC_1711.JPG












「びわ湖テラス」と銘打って、京都や大阪など関西で人気が出ているようで、もともと冬場はスキー場で、そのエリアでのアクティビティー!こどもから大人まで楽しめるびわ湖バレイでした。

昼過ぎに下山すると、雨が降ってきて本当に運が良かったと

暑い!十勝帯広 最高気温 38.8℃!

丁度1か月前のGW前半、
1556608874512.jpg


十勝に行った初日と翌日は、「雪」が舞う中、ダウンジャケットを着こんでいました。
多分2~3℃、最高でも8℃くらいだったと
1556608214652.jpg
1556608247708.jpgDSC_1489.JPG1556608644646.jpg










然別湖まだ全面凍結していて、前日からの雪がのっかていました!
DSC_1589.JPG


その十勝帯広で、昨日最高気温38.8℃だったとの事、なんと1か月前と比べて30℃以上の差! 
DSC_1485-2.jpg
現在放送中のNHKTV朝ドラ「なつぞら」の
舞台十勝は盛り上がり!熱い!そして暑かった!

名古屋よりも暑かった!

GW④ 愛国から幸福へ

旅の最初と最後は幸福駅!
IMG_3765.JPG
とかち帯広空港から近い旧広尾線の幸福駅へ2度寄りました。
くもりで非常に寒かった1日めと打って変わって、最終日の帰る日は暑いぐらいの晴天でした!

タウシュベツ川橋梁~いくつかの橋梁跡や旧幌加駅、旧糠平駅、旧士幌駅、旧愛国駅・幸福駅を観ることが出来
IMG_3646.JPG
IMG_3648.JPGIMG_3655.JPGIMG_3685.JPG


IMG_3738.JPG
IMG_3741.JPGIMG_3773.JPG1557668988305.jpgIMG_3634.JPG
1556608288142.jpg1556608786353.jpg




然別湖畔温泉 ホテル風水では、朝ドラ「なつぞら」の中での十勝農業高校での演劇の中でも出てきた魚「オショロコマ」も食べる事が出来
※5月13日の放送でもオショロコマが出てきました!(追記) 写真手前の魚がオショロコマ
1556608701586.jpg

エアトリップで自然を感じ飛ぶことが出来
1556608096151.jpg

偶然にも神田日勝氏の絵を観ることが出来
1557581376934.jpg
帯広ばんえい競馬では、ビギナーズラックでホテルでの夕食時のお酒代分が出来
1557668941429.jpg

六花亭の六花の森、花畑牧場を訪れることが出来

1556608874512.jpg
本当に幸福な旅でした!

1556608996838.jpg

タウシュベツ川橋梁 水に映る時季(絵葉書から)美しい!
1557669067857.jpg







GW③ 「なつぞら」と神田日勝記念美術館」

然別~エアトリップ~帯広へ南下しながら
途中、道の駅で休憩をと道の駅「鹿追」へ、事務所通信の編集後記でも書きましたが・・・

今回訪れた地域が十勝地方で、現在放送中のNHKの朝ドラ「なつぞら」の舞台でもあった為、訪れた先々で盛り上がっていました。
IMG_3653.JPG

 ドラマの中で主人公「なつ(広瀬すず)」の幼馴染の「馬の絵を描くのが上手な山田天陽に、実際のモデルが存在したことを神田日勝(かんだにっしょう)記念美術館」に立ち寄るまで知りませんでした。それは、たまたま寄った「道の駅 鹿追町」の近くにその美術館があり、神田日勝氏こそがモデルで農家であり、画家でした。偶然でした。素晴らしい作品を観ることができて本当に運が良かったです。画家では「シャガール」が好きなのですが、神田氏の絵を観て「一番好きな画家」であると強く感じました。

その独特の立体感の技法とセンス、その絵からはエネルギーが感じられ、馬や人の絵からはリアリズム!

病気で32歳という若さで亡くなった彼の最後の絵である、「馬(絶筆・未完)」がこの美術館のマークにもなっています。
1557581344755.jpg1557583945320.jpg

GW② エア・トリップ

今回の旅では、糠平湖のタウシュベツ川橋梁を第一に動いたため、
第二はその周辺でということで、近くの然別湖へ
然別湖畔温泉 ホテル風水に宿泊
なんとまだ然別湖は全面氷結で真っ白でした。
IMG_3753.JPGのサムネイル画像

そして翌日9:00~ ネイチャーセンターでのアトラクション

「エア・トリップ」に挑戦!


1556608086795.jpg









これは最近全国にできてきている、「ジップライン」より先にできた
自然とともにワイヤーで綱渡り飛ぶアトラクション!

ジップラインはターザン型ですが、ここのは元祖的で
フルハーネスで正に飛ぶ格好で、森の中をワイヤーを滑り降ります!

インストラクターが、森の中の植物や鳥などの動物の生態など興味深い話をしてくれ非常に有意義で、5本飛びましたが植物の種の気持ちで飛んだり、モモンガの気持ちで飛んだりも面白く、また爽快感一杯で気持ち良かったです。

1556608096151.jpgのサムネイル画像

GW① タウシュベツ川橋梁へ

随分前から、一度観たかった「タウシュベツ川橋梁」

北海道は十勝北部 糠平湖(ダム建設でできた人口湖)に、旧国鉄時代のかかっていた
士幌線のタウシュベツ川橋梁
、その美しいアーチの橋は、ダム建設とともに
廃線され湖に沈みました。しかし、水位が低い時季にはその姿を現します。
そして、3月~5月までは完全に水が引き、間近に観ることができることに。

今年のGWに、この時期しかないと思い行ってきました!

前日に糠平館観光ホテルに宿泊、
翌日9:00~のツアー(近くまでゆくには、許可車輛しか入れずNPO ひがし大雪自然ガイドセンター
予約し参加しました)で探索しました。前日には雪が降るなど道内の冷え込みが厳しくダウンを着込んで参加しました。 

その景色は、ここが日本か?と思うような壮大な景色であり
また、その橋の姿は美しく、しかし一方で湖に沈み冬季の氷が解ける際に削られ
ボロボロになってきています。いずれ崩壊してしまうと言われています。

北海道遺産に認定されていますが、
先人たちが機械もない時代に築造したこの橋を残して欲しいと願うばかりです。
IMG_3677.JPG IMG_3679.JPGIMG_3701.JPG1556608961294.jpg
1556608928953.jpg

12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ