HOME > ブログ こんにちは田中です! > アーカイブ > 鉄道

ブログ こんにちは田中です! 鉄道

2019夏「レールマウンテンバイク③ ガッタンゴー!!新コース」in 奥飛騨  

遅い夏休みを先月末の
8/30-9/1 「温泉&遊ぶ」をテーマに

①平湯温泉~奥飛騨(3回目のレールマウンテンバイク ガッタンゴー!の新コース「渓谷コース」

②乗鞍温泉&乗鞍ベース(旧いがやレクレーションランド)で童心に戻って木登り、
木の上を移動のアドベンチャーパーク(アスレチック&ジップライン!)

を2泊3日で満喫しました。

平湯温泉では一番古い源泉を持つ「平田館」では、温泉と飛騨牛!平湯温泉の泉質は、相変わらずいい!
温泉はひのきの浴槽の大浴場と露天風呂、なんと部屋の風呂もひのきの広い浴槽で、しかもずっと温泉が流れっぱなし!
部屋の風呂がこんなのは初めてでした!まさに「源泉かけ流し」贅沢な至福の時間
でした!何回も気兼ねなく入ることができ大満足でした。

さて、今回のメインのレールマウンテンバイク「ガッタンゴー」は通算3回目(①2009年、②2013年)ですが、新コースが設定されていて「渓谷コース!」従来の「まちなかコース」にはなかった「バイクと体を命綱で繋げます」鉄橋などがありやや危険ということでしょう。
1568724425022.jpg台風の影響で「雨予報でした」が「なんと晴天!」で運がイイこと!カッパも準備していましたが全く不要でした。旧漆山駅からスタート!
DSC_0009.JPGのサムネイル画像
走りだすと、気持ちの良い「ガタン、ゴトン・・・」レールの上を走るのは心地よい!

DSC_0013.JPGDSC_0017.JPG
DSC_0024.JPGのサムネイル画像











DSC_0027.JPG












DSC_0035.JPG




























二ツ屋駅(ガッタンゴー用に設置!)で折り返し!

先人たちが苦労して敷いたレールの上を走る!廃線後も残してくれて有難く楽しみました!

鉄橋あり、トンネルあり、あっという間の時間でした。
RMT20190831204.jpg



帰りに従来のまちなかコースの出発点へ行き「おくひだ号」DSC_0072.JPGが展示されているのを見てから、平湯経由で乗鞍へ抜けました。
これまでのガッタンゴー関係












乗鞍高原温泉の白濁の温泉も満喫し最終日は、ハラハラドキドキの綱渡りと空中を滑空ジップライン!爽快な気分でした。

帰りに塩尻の「信濃ワインへ寄り、クラッシック音楽を聴かせて熟成させたというワインを買って帰路に着きました。

GW④ 愛国から幸福へ

旅の最初と最後は幸福駅!
IMG_3765.JPG
とかち帯広空港から近い旧広尾線の幸福駅へ2度寄りました。
くもりで非常に寒かった1日めと打って変わって、最終日の帰る日は暑いぐらいの晴天でした!

タウシュベツ川橋梁~いくつかの橋梁跡や旧幌加駅、旧糠平駅、旧士幌駅、旧愛国駅・幸福駅を観ることが出来
IMG_3646.JPG
IMG_3648.JPGIMG_3655.JPGIMG_3685.JPG


IMG_3738.JPG
IMG_3741.JPGIMG_3773.JPG1557668988305.jpgIMG_3634.JPG
1556608288142.jpg1556608786353.jpg




然別湖畔温泉 ホテル風水では、朝ドラ「なつぞら」の中での十勝農業高校での演劇の中でも出てきた魚「オショロコマ」も食べる事が出来
※5月13日の放送でもオショロコマが出てきました!(追記) 写真手前の魚がオショロコマ
1556608701586.jpg

エアトリップで自然を感じ飛ぶことが出来
1556608096151.jpg

偶然にも神田日勝氏の絵を観ることが出来
1557581376934.jpg
帯広ばんえい競馬では、ビギナーズラックでホテルでの夕食時のお酒代分が出来
1557668941429.jpg

六花亭の六花の森、花畑牧場を訪れることが出来

1556608874512.jpg
本当に幸福な旅でした!

1556608996838.jpg

タウシュベツ川橋梁 水に映る時季(絵葉書から)美しい!
1557669067857.jpg







GW① タウシュベツ川橋梁へ

随分前から、一度観たかった「タウシュベツ川橋梁」

北海道は十勝北部 糠平湖(ダム建設でできた人口湖)に、旧国鉄時代のかかっていた
士幌線のタウシュベツ川橋梁
、その美しいアーチの橋は、ダム建設とともに
廃線され湖に沈みました。しかし、水位が低い時季にはその姿を現します。
そして、3月~5月までは完全に水が引き、間近に観ることができることに。

今年のGWに、この時期しかないと思い行ってきました!

前日に糠平館観光ホテルに宿泊、
翌日9:00~のツアー(近くまでゆくには、許可車輛しか入れずNPO ひがし大雪自然ガイドセンター
予約し参加しました)で探索しました。前日には雪が降るなど道内の冷え込みが厳しくダウンを着込んで参加しました。 

その景色は、ここが日本か?と思うような壮大な景色であり
また、その橋の姿は美しく、しかし一方で湖に沈み冬季の氷が解ける際に削られ
ボロボロになってきています。いずれ崩壊してしまうと言われています。

北海道遺産に認定されていますが、
先人たちが機械もない時代に築造したこの橋を残して欲しいと願うばかりです。
IMG_3677.JPG IMG_3679.JPGIMG_3701.JPG1556608961294.jpg
1556608928953.jpg

つながる!三陸鉄道 全線開通まで あと2日!

事務所通信でも案内致しましたが、

あさって3月23日に
JR東日本の山田線の移管で三陸鉄道が引継ぎ、北・南リアス線の間がつながり
全線開通!!!163㎞ 日本一長い第三セクターとなります。

IMG_4002.JPG

IMG_4004.JPG
盛駅から北へ出発!(2013-7-6 撮影)

あと2日!


新ダイヤ(時刻表)によると、久慈から盛までの直通列車!は4時間20分~30分くらいで結びます!

頑張れ!三陸鉄道!

IMG_4001.JPG



ふくろう商店街へ!

NHK朝ドラ

『半分、青い。』

のロケ地、岐阜県東濃地方の恵那市岩村町へ!4度目の訪問

ふくろう商店街』は観光客で賑わっていました。
5/12(土)午後から夕方にかけて訪れると、ドラマの中で東京の漫画家秋風羽織が「うん、ま~」
と言ったことで「五平餅」が一躍有名全国区へ、どの店も「本日、売り切れ」の札
が・・・
これは翌朝買って帰ろう~となりました。

勝川家での番組宣伝決定1.jpg




















商店街の勝川家に中で

オープニングの歌
星野源さんの歌「アイデア」に出てくる
傘が置いてありました。

記念写真が撮れるようになっていました。


















番組のふくろう商店街の突き当りの建物
はココでした!




















































岩村駅にて 明智方面から来るラッピング列車 15:37発の列車を待ち構えて撮影
ラッピング列車連結決定1.jpg























































































































泊まったのは、いつもの「岩村山荘」
今回は、「飛騨牛A5等級のコース!」美味しい!
締めはデザートならぬ「五平餅!」でした。

翌朝、ふくろう商店街の「みはら」さんで五平餅を土産に10本購入!
帰り道に、となりのとなりの市に住む長男一家に寄って孫たちの顔を見て帰路につきました。
2番目の孫がおいしそうに「五平餅」を食べてる画像をあとで送ってくれて、良かったなぁ~。
岩村山荘五平餅.jpg
























     律と鈴愛と記念撮影!
ふくろう.jpgのサムネイル画像




やってまった~

「やってまったぁ~」⤵
は、とんでもないことをしでかした(大失敗した)あとに、ため息まじりに出てしまう、後悔の念の独り言の言葉である。
名古屋弁でも使うが、

NHK朝ドラ

『半分、青い。』

に、しばしば登場する。岐阜弁で作者が意図的にピンポイント的に使い
決定力のある、見てる側は思わず吹き出して(笑ってしまう)キーとなる言葉だ!

それが、先週の予告編で、なぜか東京の漫画家の秋風羽織がこの言葉を発してしまうシーンがあるようで

それが今週の最大の楽しみだ!

やってまった.jpg

明智駅2.jpg

明知鉄道の終点
「明智駅の車庫で」
『半分、青い。』の念願のラッピング列車を
パシャリ!

半分、雨。 半分、青い。 

天気予報どおり、朝方まで土砂降りの雨

こんな日でも、誘われれば行くゴルフ、いつものメンバー

スタート時には、雨は止んで、くもりの1日のはずでしたが
降ったり止んだり、「半分、雨。」でした。

そして昼食挟んで、午後はくもりのち晴れ!
「半分、青い空!。」

ラウンドも終わり、帰路に就くところ
16:05すぎ、そうだ!

『半分、青い。』のラッピング列車が見られるかも!
明知鉄道の終点の明智駅の折り返し列車を調べてみると16:24
明智ゴルフ場から明智駅まで車で10分!なので
間に合うぞ!と、車を走らせ、明智駅到着
※この明智駅は「日本大正村」の玄関口

改札口の向こうにチラリと列車が見えた!

う~ん、残念、通常の列車でした。
(下の右、赤のバローの宣伝広告列車でした」
1523786281513.jpg1523786293281.jpgしかし、駅改札、駅舎内にはポスターがあったので
写真をパシャリ!

1523786267103.jpg
半分、青い。
明日から永野芽郁ちゃん、佐藤健くんの本格登場!
楽しみです!!







「半分、青い。」泣けるなぁ~

4月から始まったNHK朝ドラ「半分、青い。」

岐阜県と東京を舞台ということですが、まだ岐阜県の東農地方の設定
ヒロインの幼少期の2週間、ヒロインと同じ日に生まれた同級生のやりとり、家族や周りのとのかかわり
既に何度か泣けるシーンがありました。
役者がまたイイ!そして子役の演技が素晴らしい!
ドラマの中の岐阜(東農)弁は、ほぼ名古屋弁に近い。「やってまったー」は笑えます。

岐阜県東農地方ということ
ドラマで登場する、70年代~80年代の「ふくろう商店街」は
何度も訪れたことのある、岩村町の街並み!昭和のいい雰囲気を出しています。

そして今日、幼少期から高校生とバトンタッチ!
どうも、我が長男家族の住む街の岐阜県の「可児高校」でのロケだったよう、あと何回か登場するようです
来週からは成長した主役の本格登場!

現在岐阜県、恵那~明智まで走る、明知鉄道で           
1523672875019.jpg
(岩村駅にて)
1523672850735.jpg
このドラマのラッピング列車が走っているようで
なにかにつけ、馴染みのあるドラマで親近感がスゴイです

そして、登場するヒロインの(同じ日に生まれた)相手役の名前
ドラマの中でも何度も呼ばれます、そしてヒロインや皆が「イイ名前だ」と言う
なんだかうれしくなってしまう・・・なぜなら

我が3人の息子の名は、思いきりに、真剣に、
3人ともに考えに考えて
つけた名前なのですが
我が二男と同じ名!でした。

ドラマの中で連呼され
イイ名前なんだ~、良かったと改めて思いました。
我が3人の息子の名は、本人たちはどう思っているかわかりませんが
それぞれに性格が違い、彼らにピッタリ合っているように思います。

昨年の前半の朝ドラ「ひよっこ」でも
主役の名が、偶然にも妻と同じでしたが
なにやら今年も朝ドラづいてるような・・・

9月まで楽しみな、本当に目が離せません!

追記:ヒロインのお父ちゃん役は、演技力抜群で好きな俳優
名古屋出身で天白高校卒業の 滝藤 賢一さんです



モネの池へ

正月の1月の3日に
岐阜県関市にある
通称「モネの池」へ行ってきました。
SNSで話題になり、一度見に行きたかったところです。

美濃ICを降りて、まずは寄り道で旧 名鉄美濃駅へ(1999年に関~美濃駅廃線、2005年に美濃町線全線廃止)
駅舎、ホームと車輛4両が保存されています。
1991年頃に一度だけ家族4人で(三男が生まれる前)この駅から乗りました。
IMG_2773.JPG
























IMG_2778.JPG左から旧札幌市電、細身の
モ601(この細身でクロスシートだった!)、横側が丸窓が特徴のモ512、
一番右端は路面電車タイプのモ593
あ~なつかしい!








この駅をあとにして一路関市板取へ
モネの池!冬場は観光客が少ないと思いきや結構来ていました。
IMG_2796.JPG
池の鯉が最初少ないなぁ~と思っていたら、橋の下から一杯出てきてその中の金色の鯉が「ジャンプ!」飛び跳ね「サービス精神あるなぁ~!」
金運が上がりそうな見事な飛びでした。生で見ると予想よりキレイに見えたモネの池で良かったです。IMG_2797.JPG1515027933143.jpg













IMG_2794.JPG
 

10.14 鉄道の日♪ 2017

毎年10月14日は「鉄道の日」
1872年に新橋~横浜間に鉄道が走り始めて
今年で145年!

先月地元のタウン誌の記者から事務所へ連絡があり
この日の特集で記事を書かせて欲しいとの事

好きな鉄道の事なので承諾し、先月来所
1時間ほどのインタビューを受け

タウンニュース天白
中日新聞天白地区販売会の広告誌で
毎月第2・4土曜日に発刊、
たまたま今年の10/14は当日が第2土曜日

その時々の特集で、地元の人に聞くスタイル
どうも編集スタッフが私のブログを見ていたらしく
鉄道好きと思われコンタクトしてきました

実はこのタウンニュース天白に
掲載されるのは2回目で、何かの縁かなと
1回目は14年前に、11・22の「いい夫婦の日」の特集で
以来の登場でした。
1508635240052.jpg


一部、冒頭の箇所は記者の方が勘違いされていました
育ったところは「名鉄の路面電車の走る町」と記事に→
鉄道に詳しい人だと岐阜市?と思ってしまいます。

本当は、
名鉄電車が近くを走り、名古屋市電(通称市電)も近くを通り
今思えば、育った場所は
鉄道好きにはたまらない、ヨダレの出そうな、両方に挟まれたゴールデンゾーンだったのだと。

でもうまくまとめてくださり、写真も実物よりよく写ってるな~と、
感謝!



123

« パソコン | メインページ | アーカイブ | 音楽 »

このページのトップへ