お客様の声 ご相談・お問い合わせ
会社の人に関わる部分をしっかりサポート 052-806-2700 メールでのお問い合わせは24時間受付中

HOME > ブログ こんにちは田中です! > アーカイブ > 2021年7月

ブログ こんにちは田中です! 2021年7月

セミが脱ぐ!

梅雨末期の連日の豪雨
これ以上の被害が出ないことを願います

今週末には梅雨明けするのではと思いますが

先週末にセミの今年の初鳴きがありました
ウチのハナミズキの木にもいくつものセミの抜け殻がついています
抜け殻.JPG

先日、幼虫から成虫へ!脱皮シーンに遭遇しました

生まれたての、セミ(この辺りはほとんどクマゼミだが、アブラゼミかも)の
ふちが薄いグリーンのきれいな羽根はとても印象的でした

地中に5年?地上で2週間?
がんばれ!

クマゼミ脱皮.JPG

一発長打の大島くん!

プロ野球、中日ドラゴンズの選手だった
「一発長打の大島くん」こと、大島康徳さんが亡くなられた。享年70歳

現在、中日新聞の夕刊でコラムを連載しているので、連載中の夕刊を楽しみにしていました。
大腸がんと闘病を続けながらでした。
6月30日に亡くなられて、
公表が今日ということで、ビックリ!
中日新聞社は原稿があるので最後まで掲載するのだと言う。
連載の最後には、史上最弱の今年のドラゴンズに喝を入れてくれるのかと期待していました。
熱血漢の彼は、きっとあまりにも弱いドラゴンズを心配していたと思います。

本塁打王、2000本安打も達成した名選手で、特に1982年の優勝では大活躍した印象が残っています。
応援歌燃えよドラゴンズ」の1期バージョンで「一発長打の大島クン」として名を馳せましたが、
記録以上に記憶に残るドラマを作ってくれた印象が強い、そしてなんといってもチャンスに滅法強い選手でした。

でなければ、1イニング2ホームランを2回もできません!
史上19回あるらいしいですが1回でも凄いのに
2回やってるのは大島さんだけ!

そして年間代打ホームラン7本は史上最多!記録は破られていません
凄すぎます! 

今から39年前
1982年昭和57年9月28日 の近藤監督率いる「野武士野球軍団」のクリーンアップの5番を任され
対ジャイアンツの名投手、江川投手を9回ウラに2-6の4点差をはね返した奇跡の同点劇
反撃ののろし豊田・
モッカ・谷沢選手、の3連打、そして大島選手の犠牲フライ、これに
宇野・中尾選手が続き同点!怒涛の攻撃とはこのことか!

10回ウラにとうとう、三塁の原のエラーで江川投手をマウンドから引きずりおろして、
リリーフ角投手が2四球で満塁、最後は大島選手がセンター前にサヨナラヒット!
劇的すぎるシーンで鳥肌が立ちました!

この年にドラゴンズは優勝!当時学生で大阪にいましたが
優勝した日にはその感動を味わいたいと名古屋に帰省した事を覚えています。

当時の中日の選手は、「オレのところにチャンスが来い!」という
勝負強い選手ばかり
でした!
大島選手は満塁に強かった!

本当に感動を有難うと言いたいです。
大島さん安らかに
ご冥福を心からお祈りします。

昭和57年の雑誌、ドラゴンズ優勝記念号から!

一発長打の大島.jpg大島井出コーチとハイタッチ.jpg
3人.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像















大島、谷沢、モッカのクリーンナップ!















優勝胴上げ前のシーン 手前左が大島選手

S57優勝.jpg














中日新聞 
7.5の夕刊 「この道」 星野仙一さんについて書かれていました

大島氏連載.jpg







1

« 2021年6月 | メインページ | アーカイブ | 2021年8月 »

このページのトップへ